2015年3月アーカイブ

2015年3月27日

日本の床屋の赤青白の看板、発祥の由来

ふと気が付くとすっかり見かけなくなってきた物。
床屋さんの象徴である赤青白の看板です。
子供のころはよく見かけていましたし、あの赤と青と白の
ぐるぐる回っているのを見ると床屋さんだ!って一目でわかったものです。

今では、すっかり見なくなってしまった赤青白の看板。
その発祥の由来をご紹介します。

まずは、この赤青白の看板ですが、
正式名称を日本では、サインポールといい、
海外ではバーバーポールと呼ばれています。
日本では当たり前の床屋の象徴ですが、
実はこのサインポール(バーバーポール)は
世界共通の床屋のマークなんだそうですよ。
なので、海外に行ってサインポールを見かけたら
そこは床屋ということになります。

サインポール(バーバーポール)の始まりは、
中世のヨーロッパが発祥だと言われています。
当時は、理容師と外科医を兼ねた床屋外科を表すマークだったようです。
そして、赤は動脈を指し、青は静脈、白は包帯を示していると言われています。
中世のヨーロッパでは、病気になった際に床屋外科で悪い血を抜いて治療する
という"瀉血(しゃけつ)治療"が行われていたという説や、
髪の毛を切って貰うということは体の一部を着ることと同じだと考えられていたことから
床屋のサンポール(バーバーポール)は血と包帯を示しているという説もあるようです。
ただ、こうした由来は記録が存在しないということなので
諸説あるものの、真実は謎となっています。

ただ、世界中で知られているのこサンポール(バーバーポール)が
床屋を示すマークというのは現在でも変わっておらず、
その歴史になんだかジーンときちゃいます。

様々な説があるものの、現在では床屋で用いられるこのシンボルは、
日本では、明治4年に東京で川名浪吉さんが営む
西洋風髪剪所(せいようふうかみはさみしょ)で使われたのが
最初とされています。

歴史があり、世界中で使われている
サインポール(バーバーポール)ですが、
日本ではほとんど見られることが少なくなったのは残念ですね。
歴史のあるものが失われていくことの寂しさを感じます。

毛には毛周期というものがあるようです。具体的には・・・

毛周期・・これが毛が生え変わるサイクルとされています。
毛には毛周期というものがあるようです。
体毛一本一本に毛周期というものがあり、
体毛部位によってその周期が変わってきます。
具体的に言うと、
髪の毛の場合、毛周期は4か月程度です。
4か月に一度新しい髪の毛が生えてきます。
そして、まゆ毛やまつ毛の場合、毛周期は2か月程度。
さらに、手や足の体毛の場合は、3~5か月です。
わき毛の場合は、4か月程度と言われています。

また、毛というのは毛周期で生え変わるだけでなく、
毎日伸びているんですって。

髪の毛だと1日に0,3~0,4ミリ伸びますし、
まゆ毛やまつ毛は毎日0,18ミリ伸びています。
そして、手や足の毛は0,2から0,4ミリ、
わき毛は0,3ミリ伸びると言われています。

髪の毛をはじめとする人間の毛って毎日伸びているし、
数か月に一度新たに生え変わっているんですね。
だから、いくら体毛を脱毛しても毛は生えてくるし、
シャンプーのときなどにいくら髪の毛が抜けたとしても
薄毛やはげで悩むことがありません。
毛の1本1本にその周期があり、
一気に抜けて一気に映えるという仕組みではないので
きちんと毛周期のサイクルができていれば
毛は生えてきます。

もしも、今サロンに通っていて脱毛を試みている方の場合、
その周期を見計らってサロンなので正しく脱毛すると
キッチリ効果が見られるということです。

また、薄毛で悩んでいる方の場合、この毛周期がきちんと行われていないことで
ハゲや薄毛が進行していくと言われています。

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。